愛記について Lv7:”オーラをみる”

今回も愛の行動について、科目を1つずつ見ていきたい。実際に実践していくことがエネルギーのやり取りになるのだから。まず、大前提は、”愛貨”は”お金”と逆の仕訳になるということだ。つまり、使えば使うほど、価値が上がるということだ。”お金”は貯めれば貯めるほど価値があがるのと真逆である。よって、”愛貨”を持っている人は、すぐ使った方が良いので、出来るだけすぐ行動を起こして、愛を与えようとする!これが大前提の仕組みである。”愛記”についてはこちらを参照。

 

なお、当研究会では、独自に”愛貨”の付与基準を設定している。もちろん、各会社ごとに基準は変更してもらって構わない。

愛の行動Lv1の科目→ 100愛

愛の行動Lv2の科目→ 200愛

愛の行動Lv3の科目→ 300愛

愛の行動Lv4の科目→ 400愛

愛の行動Lv5の科目→ 500愛

愛の行動Lv6の科目→ 600愛

愛の行動Lv7の科目→ 700愛

愛の行動Lv8の科目→ 800愛

という具合だ。1ポイント=100愛というようなイメージで、基準を設定している。なお、愛の行動の科目としては下記参照。

愛の行動Lv1の科目はこちら。

愛の行動Lv2の科目はこちら。

愛の行動Lv3の科目はこちら。

愛の行動Lv4の科目はこちら。

愛の行動Lv5の科目はこちら。

愛の行動Lv6の科目はこちら。

愛の行動Lv7の科目はこちら。

愛の行動Lv8の科目はこちら。

 

なお、各次元ごとに愛記を行っていくので、各次元についてはこちらを参照ねがう。

第1次元:人間という生命体

第2次元:部署・チームという生命体

第3次元:会社という生命体

第4次元:業界・団体・地域という生命体

第5次元:産業という生命体

第6次元:日本という生命体

第7次元:世界経済という生命体

第8次元:人類という生命体

第9次元:地球という生命体

第10次元:太陽系という生命体

 

・愛の行動レベル7:”オーラをみる”

オーラをみるという愛の行動により、何を与えられるのだろうか?以下、こちらより抜粋

オーラを見ようとして何かが見える可能性は無限にある。自分自身のオーラを見る方法、また自分のオーラを守る方法を学ぶことは、身体面、感情面そして精神面の健康を保つ上で重要であろう。オーラを読むのに神秘論主義者になる必要はない。実際私たちにはオーラを見る能力、幽体視力があり幼少期はオーラを見ることがよくある、と信じられている。

 

オーラは一般的に、人が放つ独特の雰囲気だと考えられているが、実際にはそれだけではなく、より具体的なことがわかっている。一部では、外部の刺激に反応して生成される電子フォトニック振動から構成されている、と考えられている。定義の鍵となるのは、オーラには、それが覆う人や物の本質的要因が含まれている。私たちの意識的活動(思考、創造性、意図、ユーモアのセンスや感情など)と密接に関連しており、その一部を肉眼で見ることができるということだ。

 

オーラには7つの層(レイヤーまたは幽体とも呼ばれます)で構成され、それぞれが人体の7つのチャクラ(エネルギーセンター)に呼応する。各層は独自の周波数を持ち、周りの層にも関連して影響を与える。つまり、1つの層がバランスを欠くとそれが他の層にも影響する。

 

・フィジカル層:この層では、単に身体的心地よさ、快楽度、健康状態の変化が現れる。

エーテル層:この層では、自己受容や自己愛などが現れる。

・活力層:この層は、状況をはっきりと、直接的、合理的に伝える。

・アストラル層:この層では、友人や家族との関係性が現れる。

・低次元のメンタル層:この層では高次元の意識との一体化や、真実を語る、かつ真実に従う決意が現れる。

・高次元のメンタル層:この層では、神々しい高次元の愛に溢れた無我の境地状態が現れる。

・スピリチュアル層:この層では、神聖なる高次元の意識、また宇宙の普遍的パターンを理解しているかが分かる。

 

オーラの見方を学ぶと、その人の現在の状態や性格について多くを理解できるようになる。また、自分のオーラが読めるようになると、より良いオーラを放てるように自分自身を改善しようという活力が湧くだろう。オーラは真実を語る。オーラを通して相手の思考を「聴く」ことができ、不誠実な人を見抜くことができるであろう。

 

See Auras Step 4Bullet1というタイトルの画像

 

人の性格を理解する手がかりが得られる。明るく澄んだオーラは、善良で精神的に成熟した人を示す。灰色または暗いオーラは、不明確な意図があることをる示す。精神的な事柄における指導者やマスター、巨匠、リーダー、導き役だと自称する人たちは、頭上にはっきりとした黄金色の光を放っているはずである。See Auras Step 4Bullet2というタイトルの画像

 

 

・オーラの色とその意味を知る

オーラの色は広範囲に渡るが、色によってそれを放つ人や物体の性質などが分かる。色の種類は多様でも、それぞれに明白な意味がある。次に示す色が基本色となる。

  • 赤:心臓、循環器系、身体全体に関係する。前向きに解釈するなら、健康的な自我を指すと言えるが、ネガティブに見るなら、怒り、不安、または容赦ない性格を表しているかもしれない。

    See Auras Step 5Bullet1というタイトルの画像

     

  • オレンジ:生殖器官や感情に関連する。肯定的に解釈するなら、活力、スタミナ、創造性、生産性、冒険心、勇気あるいは外向的な性質を示していると言える。ただし、弱点としては、食欲や依存性に関する現在のストレス状態を示しているかもしれない。

    See Auras Step 5Bullet2というタイトルの画像

     

  • 黄:みぞおち・脾臓と生命エネルギーに関連している。意識の高さ、ひらめき、知性的で自信に満ちた行動、創造性、遊び心、楽観性、おおらかな性質を表す色である。しかし明るい黄色は、支配力、名声、人からの尊敬や権力などを失うことへの恐れを示している可能性がある。

    See Auras Step 5Bullet3というタイトルの画像

     

  • 緑:心臓と肺に関連している。緑色のオーラは成長とバランスを表し、何よりも変化が起こる可能性を示す。また、人や動物、自然への愛情を表す。一方、 暗い深緑色のオーラは、嫉妬、憤り、被害者意識、不安、自尊心の低さなどを示す。

    See Auras Step 5Bullet4というタイトルの画像

     

  • 青:喉や甲状腺に関係している。前向きな見方をすれば、思いやり、愛情のある性質、直感や敏感さを表すが、濃い青は将来への不安、自己表現への苦手意識、真実に向き合うこと、また真実を話すことへの恐れを示す。

    See Auras Step 5Bullet5というタイトルの画像

     

  • 紫:百会(頭の天辺)、松果腺及び神経系に関連している。最上級の賢さと鋭い感性を持つと考えられている。このオーラは、直感力を示す色であり、高次元の意識と一体化できる超能力を表している。

    See Auras Step 5Bullet6というタイトルの画像

     

  • シルバー:心身がエネルギーで満ち溢れた状態を示す。

    See Auras Step 5Bullet7というタイトルの画像

     

  • ゴールド:悟りの状態、高次元の神聖なるものから保護されている状態を示す。ゴールドのオーラを放つ人は、最高の善によって導かれている。

    See Auras Step 5Bullet8というタイトルの画像

     

  • 黒:エネルギーを引き寄せたり変化させたりする色です。通常、解放できない深い悲しみや、許せない気持ちが長く続いている状態を示し、健康上の問題につながる可能性がある。

    See Auras Step 5Bullet9というタイトルの画像

     

  • 白:混じり気のない綺麗な光を表し、純粋さと真実を反映します。天使らが近くにいること、若しくは妊娠しているか、間もなく妊娠することを意味する。

    See Auras Step 5Bullet10というタイトルの画像

     

 

例として、営業担当Sさんは、普段から思考を使わず、直感を大事に生きている。日々オーラが見えるという。この日も同僚Tさんに声をかける。少し疲れているの?深い青のオーラになっているけど、何か話すことをためらっているようなことがあるの?と聞かれた。思わずびっくりした同僚Tさんだった。

 

実は、本当のことを言おうかどうか悩んでおり、言うと人間関係が崩れてしまうかな、と躊躇していた事案があるという。そのことで1週間前からずっと悩んでいたところに、Sさんから声をかけられたという。どうしてわかったの?と聞くと、オーラがそう見えたからという。今度、ぜひ、オーラの見方を私にも教えて!とお願いしたTさんだった。Sさんの愛貨を受け取った次第だ。

 

今回の仕訳の科目としては、愛の行動Lv7:”オーラをみる”となる。今回の事例は、営業担当Sさんは、人類の代表として行動しているのであり、第8次元:人類という立場にて仕訳することになる。

 

・借方(発信先):第8次元_人類_営業担当Sさん 、オーラをみる

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第8次元_人類_同僚Tさん 、気持ちが楽になる

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点での会社が設定した第8次元:人類のB/SとP/Lを見てみると下図のようになる。(※なお、年度初めの会社の目標設定時に、第1次元~第10次元までの愛の行動を宣言し、年度末には各次元ごとに決算書を作成し、まとめてから公表することになる。こうすることで、どの次元の行動が多いのかが一目でわかるようになる。)

・B/Sについて(エネルギー量)

営業担当Sさんが、行動したことで”純資産”が減り、Tさんが受け取ったことで”資産”が増えた。相手からもらう”資産”は、持っていては評価が下がるので、すぐに使いたいという性質のものだ。よって、”負債”と等しいことになる。つまり、資産と純資産が、ともに負債のように見え、魂から借りたエネルギーによって、愛の行動に変えていくべきもの、という解釈になる。なお、”お金”は自社内でやりくりしてもB/S、P/Lに変化は無いが、”愛貨”は変化するという考え方になる。だからこそ、必死で自社内にも愛の行動が行き交うことになる。会社として宣言した各次元に跨る”1億愛”を、自社内の全員で必死にやり遂げるということが重要な指標となる。

 

・P/Lについて(行動量)

今回は営業担当Sさんが行動した分だけ、”収益”が増える。相手に受け取られたかどうかは、B/Sというエネルギー量を見る指標をみればよく、実際にどれほど行動したのかは、P/Lという行動量を見る指標をみればよいことになる。実際に誰かが実行した愛の行動分だけ、第3次元:会社としての収益になるので、貸方の収益が増えたということになる。一方、費用とは、導入時の純資産を設定した段階で、今期の行動・目標値も設定されることになるため、費用も同時に設定されることになる。

 

 

いかがであろうか。これで、少しは”愛貨”について理解が深まったのではないかと思う。オーラをみるという行動とは、波動レベルを読むというのと近い。結局は、チャクラに応じた色が出ているのであり、チャクラと波動レベルはリンクしているので、その詰まっているチャクラの色が出るということだ。

 

オーラが見えるようになるには、部屋を薄暗くし、リラックスして座る。2〜3回深呼吸をしたら、自分のオーラを見るという目標を明確にしてその目標に集中しよう。できると信じることが重要である。まず人差し指同士を合わせて、こすったり強く押し合ったりしよう。 See Auras Step 10というタイトルの画像

 

オーラは「粘着質」である。指同士がくっつくと、指の間に「釣り下がった」状態で現れる。 人差し指同士をこすりながら、指の間に焦点を当ててみよう。 少し経ったら、両方の指を1cm 程度離す。そのスペースに焦点を当て、色がかった靄、霧、煙状の物体が現れるのを確認してみよう。こうしてトレーニングしていくのだ。