愛記について Lv7:”瞑想し無意識になる”

今回も愛の行動について、科目を1つずつ見ていきたい。実際に実践していくことがエネルギーのやり取りになるのだから。まず、大前提は、”愛貨”は”お金”と逆の仕訳になるということだ。つまり、使えば使うほど、価値が上がるということだ。”お金”は貯めれば貯めるほど価値があがるのと真逆である。よって、”愛貨”を持っている人は、すぐ使った方が良いので、出来るだけすぐ行動を起こして、愛を与えようとする!これが大前提の仕組みである。”愛記”についてはこちらを参照。

 

なお、当研究会では、独自に”愛貨”の付与基準を設定している。もちろん、各会社ごとに基準は変更してもらって構わない。

愛の行動Lv1の科目→ 100愛

愛の行動Lv2の科目→ 200愛

愛の行動Lv3の科目→ 300愛

愛の行動Lv4の科目→ 400愛

愛の行動Lv5の科目→ 500愛

愛の行動Lv6の科目→ 600愛

愛の行動Lv7の科目→ 700愛

愛の行動Lv8の科目→ 800愛

という具合だ。1ポイント=100愛というようなイメージで、基準を設定している。なお、愛の行動の科目としては下記参照。

愛の行動Lv1の科目はこちら。

愛の行動Lv2の科目はこちら。

愛の行動Lv3の科目はこちら。

愛の行動Lv4の科目はこちら。

愛の行動Lv5の科目はこちら。

愛の行動Lv6の科目はこちら。

愛の行動Lv7の科目はこちら。

愛の行動Lv8の科目はこちら。

 

なお、各次元ごとに愛記を行っていくので、各次元についてはこちらを参照ねがう。

第1次元:人間という生命体

第2次元:部署・チームという生命体

第3次元:会社という生命体

第4次元:業界・団体・地域という生命体

第5次元:産業という生命体

第6次元:日本という生命体

第7次元:世界経済という生命体

第8次元:人類という生命体

第9次元:地球という生命体

第10次元:太陽系という生命体

 

・愛の行動レベル7:”瞑想し無意識になる”

瞑想し無意識になるという愛の行動により、何を与えられるのだろうか?それには顕在意識、潜在意識、超意識の存在を熟知する必要がある。顕在意識と潜在意識は、海に浮かんだ氷山」のようなものと例えられることが多い。水面から突き出している部分が顕在意識、水面下に隠れている部分が潜在意識と超意識である。

潜在意識と超意識を合わせた無意識領域は、全体の約9割を占めていると言われており、自分では自覚もコントロールもできないとも言われている。一方、顕在意識とは、自分で考えて、行動することが出来る意識である。やって良いことと悪いことを判別したり、不安になったり、悩んだりするのも、この顕在意識が行っている。

 

潜在意識とは、過去の経験や、知識として知ったこと、見たり、聞いたりしたこと、それによって感じた印象や思考が、本人が忘れていても記録されているところであり、ある衝撃を受けたときや、逆に力んだ状態から、フッと力を抜いた時に表れたりする。潜在意識より顕在意識のほうが優勢に働くため、普段は自在に潜在意識を使うことは出来ないものだが、非常事態に直面した場合などには、顕在意識より潜在意識が優勢に働き、信じられない力を発揮することがある。

 

有名な言葉として「火事場の馬鹿力」というのがあるが、これは潜在意識が優勢に働き、身体能力の限界を超えて、潜在能力が発揮された状態なのである。潜在意識には休息は無く、眠っているときでも活動を続けている。自律神経も潜在意識がコントロールしているため、私たちが眠っている間にも、心臓を動かし、呼吸をして全身に酸素共有をし、食べたものを消化して、新陳代謝をさせて、ホルモンの分泌などの微調整まで行っている。

 

・潜在意識には好きと嫌いの区別が無い

顕在意識に繰り返しインプットされたものが潜在意識に届きやすくなる。「好き」と繰り返し思い続けることと、「嫌い」と繰り返し思い続けることは、どちらも同じく繰り返しインプットされたものとして、潜在意識に届く。私たちの思考というのは、良くないことが起こると予測しておいたほうが、良くない事が起こったときに、ショックが少ないという自己防衛の働きにより、9割がマイナス思考になっていると言われている。

 

好きな人のことのことを考えていたとしても、心のどこかで嫌われたらどうしようと不安に考えてしまうことも繰り返しの意識として潜在意識に響いてしまう。マーフィーの法則というのを聞いたことがある人も多いと思うが、悪いことが起こるんじゃないかな?と考えていると、それが起こってしまうというもので、これは、潜在意識が大きく関わっていると言われている。もちろんマーフィーの法則は悪い予感が当たると言うだけではなく、自分が望んだ通りに実現する。つまり、良くなるように望み続けていれば、それは必ず実現するものだ、とも言っている。

 

・常に明るいイメージをすることが潜在意識のコントロールにつながる

私たちは自分で気を付けていなければ、その9割が自己防衛の働きにより、マイナス思考になってしまうので、また、強く意識を働かせようと意識を集中するときに優勢になるのは顕在意識であり、力めば力むほど潜在意識は薄れていってしまう。なんとなく思い描いているイメージを明るい前向きな成功のイメージにしていけば、潜在意識に届きやすく潜在能力が発揮されやすい状態になっていく。潜在意識の感じ方としては、眠っているときに観ている夢や、ひらめき、直感などとして表れてくる。眠りに着く直前や、目覚める直前の半睡眠、半覚醒状態のときや、力を抜いてボーっとしているときに潜在意識が優勢になるためだ。寝る直前や起きた直後には特に、明るく前向きなイメージを心がければよい。

 

日常では、根気よく成功のイメージを繰り返すことが、潜在意識へのインプットに繋がるが、もっと効率的に深く潜在意識に刻みこむには、半睡眠、半覚醒状態の時間を長くキープすることだ。つまりは、顕在意識をいかに働かせず、潜在意識優位な状態を長く保つかということだ。そこで”瞑想”という方法がよく用いられているということだ。瞑想をすることで、あれこれ考えすぎてしまう癖を直していき、明るく穏やかな気持ちを保てるようになれば、これらの効果があがるのは当然と言えるだろう。

 

 

例として、営業担当Sさんは、普段から思考を使わず、直感を大事に生きている。日々の習慣として、お昼休みに瞑想を10分程度、毎日ルーティーンワークとして行っている。この日も瞑想をしていたら、後輩Oさんから声をかけられ、瞑想の仕方を教えてほしいという。瞑想の方法というのはいろんなやり方が記載はされているが、ポイントは、顕在意識をいかに働かせず、潜在意識優位な半睡眠、半覚醒状態を作れるかということだ。眠くて寝てしまってはダメだが、起きてしまってもダメだ。そのフッと顕在意識がストップしてリラックスするその瞬間の状態を維持するのであれば、形はどのような形でも良いのだ。

 

このようなことを伝え、繰り返し、繰り返しやることで少しずつ潜在意識優位な状態が一瞬から数秒、そして数分というように長くなっていく。その状態をいかに頭ではなく、身体で覚えるか、感覚で覚えるかにかかっている。頭で覚えているうちは再現できず、感覚で覚えられて初めて、繰り返し再現できるようになるのだという。こうして、後輩Oさんは一緒に瞑想するようになり、Sさんに感謝をする次第だ。

 

今回の仕訳の科目としては、愛の行動Lv7:”瞑想し無意識になる”となる。今回の事例は、営業担当Sさんは、人類の代表として行動しているのであり、第8次元:人類という立場にて仕訳することになる。

 

・借方(発信先):第8次元_人類_営業担当Sさん 、瞑想し無意識になる

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第8次元_人類_後輩Oさん 、気持ちが楽になる

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点での会社が設定した第8次元:人類のB/SとP/Lを見てみると下図のようになる。(※なお、年度初めの会社の目標設定時に、第1次元~第10次元までの愛の行動を宣言し、年度末には各次元ごとに決算書を作成し、まとめてから公表することになる。こうすることで、どの次元の行動が多いのかが一目でわかるようになる。)

・B/Sについて(エネルギー量)

営業担当Sさんが、行動したことで”純資産”が減り、Oさんが受け取ったことで”資産”が増えた。相手からもらう”資産”は、持っていては評価が下がるので、すぐに使いたいという性質のものだ。よって、”負債”と等しいことになる。つまり、資産と純資産が、ともに負債のように見え、魂から借りたエネルギーによって、愛の行動に変えていくべきもの、という解釈になる。なお、”お金”は自社内でやりくりしてもB/S、P/Lに変化は無いが、”愛貨”は変化するという考え方になる。だからこそ、必死で自社内にも愛の行動が行き交うことになる。会社として宣言した各次元に跨る”1億愛”を、自社内の全員で必死にやり遂げるということが重要な指標となる。

 

・P/Lについて(行動量)

今回は営業担当Sさんが行動した分だけ、”収益”が増える。相手に受け取られたかどうかは、B/Sというエネルギー量を見る指標をみればよく、実際にどれほど行動したのかは、P/Lという行動量を見る指標をみればよいことになる。実際に誰かが実行した愛の行動分だけ、第3次元:会社としての収益になるので、貸方の収益が増えたということになる。一方、費用とは、導入時の純資産を設定した段階で、今期の行動・目標値も設定されることになるため、費用も同時に設定されることになる。

 

 

いかがであろうか。これで、少しは”愛貨”について理解が深まったのではないかと思う。瞑想し無意識になるという行動とは、いかに半睡眠、半覚醒状態を維持できるか、顕在意識を抑え込めるか、にかかっている。それには、頭でやり方を理解してもまったく通用しない。そうではなく、繰り返し、繰り返し、身体に覚えさせる、感覚で覚える、ことによって成しえることだ。

 

これは瞑想だけの話ではない。仕事の仕方全般に当てはまる。結局は、頭の中で覚えているようなことは、いざという時、いっさい役に立たない。よって、仕事の結果も出せないということになる。頭の中で覚えるのではなく、身体に叩き込む、感覚で覚えるのだ。それにはルーティーンワークにしたり、仕組み化することで、毎日、毎月、毎年、繰り返し、感覚で覚えるという動作を繰り返すのだ。たとえイレギュラーな出来事が起こっても、結局は要素分解していけば、各要素は、仕組み化されたプロセスの1つに過ぎず、いつもどおり冷静にこなしていけば、要素は達成され、結局は全体的にもうまく切り抜けられるということになる。

 

いかに仕組み化、ルーティーン化が大切かということだ。スポーツの世界も同じで、例えばゴルフであったとしても、タイガーウッズのように、いつも同じリズムで、いつも同じルーティーンで打つという動作を繰り返していけば、たとえプレッシャーのかかる場面であっても、たとえ森の中からのトラブルショットであったとしても、うまく打てるということになる。それは、普段どおりのリズムで打つだけなのだから。

 

しかし、思考が入るとその”第一感”を信じられず、いろいろ調べたり、ケースを想定したりしていくうちに、迷いが生じるのである。そして、合理的に判断した結果が、芳しくないということが多々起こりえるのだ。そうではない!結局は、一番良い方法というのは、魂の声に素直に従うことであり、直感に従うことなのであるから、思考はむしろ、その逆を行く行為なのだ!ということをよく理解しておくことだ。