愛記について Lv7:”直感に従う”

今回も愛の行動について、科目を1つずつ見ていきたい。実際に実践していくことがエネルギーのやり取りになるのだから。まず、大前提は、”愛貨”は”お金”と逆の仕訳になるということだ。つまり、使えば使うほど、価値が上がるということだ。”お金”は貯めれば貯めるほど価値があがるのと真逆である。よって、”愛貨”を持っている人は、すぐ使った方が良いので、出来るだけすぐ行動を起こして、愛を与えようとする!これが大前提の仕組みである。”愛記”についてはこちらを参照。

 

なお、当研究会では、独自に”愛貨”の付与基準を設定している。もちろん、各会社ごとに基準は変更してもらって構わない。

愛の行動Lv1の科目→ 100愛

愛の行動Lv2の科目→ 200愛

愛の行動Lv3の科目→ 300愛

愛の行動Lv4の科目→ 400愛

愛の行動Lv5の科目→ 500愛

愛の行動Lv6の科目→ 600愛

愛の行動Lv7の科目→ 700愛

愛の行動Lv8の科目→ 800愛

という具合だ。1ポイント=100愛というようなイメージで、基準を設定している。なお、愛の行動の科目としては下記参照。

愛の行動Lv1の科目はこちら。

愛の行動Lv2の科目はこちら。

愛の行動Lv3の科目はこちら。

愛の行動Lv4の科目はこちら。

愛の行動Lv5の科目はこちら。

愛の行動Lv6の科目はこちら。

愛の行動Lv7の科目はこちら。

愛の行動Lv8の科目はこちら。

 

なお、各次元ごとに愛記を行っていくので、各次元についてはこちらを参照ねがう。

第1次元:人間という生命体

第2次元:部署・チームという生命体

第3次元:会社という生命体

第4次元:業界・団体・地域という生命体

第5次元:産業という生命体

第6次元:日本という生命体

第7次元:世界経済という生命体

第8次元:人類という生命体

第9次元:地球という生命体

第10次元:太陽系という生命体

 

・愛の行動レベル7:”直感に従う”

直感に従うという愛の行動により、何を与えられるのだろうか?

トランス状態と変性意識状態に入ると、心身ともにリラックスして、脳波がシータ波やアルファ波に移行していく。心と身体がリラックスして、脳波がシータ波やアルファ波になっていても、変性意識状態では、まだ「自我」が優位となっており、色々と思考したり、さまざまな感情が浮上して、思いを巡らせている状態である。だが、トランス状態では「無我」となっており、何も考えず、感情的にもならず、思いも巡らせることがない状態。何も判断せずに、感性で生きている状態である。これが瞑想や禅で至る意識状態であり、スポーツなどで体験するゾーンといわれる領域であるといえるのであろう。

 

それは瞑想しながら、何も考えず、何の感情もなく、何も思いめぐらさない状態。それが無我の境地であり、真のトランス状態といえる。厳密にいえば、私たちは日常生活でも、瞬間的にトランス状態に入ることがある。それは何かに集中して周りの声や音が聞こえていないときや、自然の美しさにありありと感動する、そんな瞬くような瞬間である。きっとあなたも、体験したことがるだろう。その心の静寂が、まさにトランス状態のフィーリングなのである。

 

日常をトランス状態で過ごせるようになれば、私たちは迷いなく直感的に生きられるようになる。そしてより多くの美しさと喜びを、感じられるようになるのである。そう、それは常にトランス状態で生きている、あの幼い子供たちのように、活き活きと在るがままの今を、楽しめるようになるということである。なぜなら表面意識(顕在意識)とは、私たちが思春期の時に身に付ける、大人としての個性だからである。そんな生まれたての素の自分に戻ること、それがトランス状態の自分になることなのである!

 

 

例えば、営業担当Sさんは、普段から思考を使わず、直感を大事に生きている。この日も担当する講座で直感の大切さを教える。そんなSさんは人材業界の営業担当でもあり、就職セミナーを主催する担当者でもあった。「転職時に注意する点として、自己理解が最も難しい!」といい、自己理解の最大のポイントは、思考しないことであるという。どういうことかというと、今までと同じ職種に転職するのであればイメージは湧くが、違う職種に転職する、未経験の職種に転職するような場合、イメージが湧かない。事務職の人がIT系の職業や製造の職業に転職するのにも、まったくイメージが出来ないのだ。

 

その際に、イメージを補助するツールを利用すると良いという。厚生労働省から、職業能力評価基準というツールが出されており、これを用いると、職種のイメージが湧くのだ。例えば、プラスチック製造のブロー形成という職種に関して、事務職だった方は、何をやるのかまったく見当がつかない。そこで、職業能力評価基準のエクセルシートを1つずつ見ていくことで、職種のイメージをつけることができるのだ。ブロー形成という職種のエクセルシートを開いて、思考せずに、直感的にやりたいか、やりたくないか!を見ていくという。やりたい!と思えば、その仕事を徹底的に調べ、エントリーしていけばよく、やりたい!と思えるような職種が見つかるまで1つずつ、職業能力評価基準のエクセルシートを見ていくことで、自分自身の魂がやりたい!と思う仕事に出会えることができるという。

 

この就職セミナー後、参加者のBさんは、さっそく職業能力評価基準のエクセルシートを1つずつ見ていった。そうすることで、製造業の品質管理というエクセルシートに興味を持ち、品質管理とは?をいろいろ調べていき、求人を見つけてエントリーをしていったという。そうして、無事、品質管理の仕事が決まり、就業していったのであった。思考で考えている際は、決して品質管理というキーワードにピンとも来なかったし、興味があるということすら自分で自分を理解していなかったが、エクセルシートを見ていくうちに、やりたい!と急に思ったという。まさに直感的に感じ取ったのであった。

 

今回の仕訳の科目としては、愛の行動Lv7:”直感に従う”となる。今回の事例は、営業担当Sさんは、会社の代表として行動しているのであり、第3次元:会社という立場にて仕訳することになる。

 

・借方(発信先):第3次元_会社_営業担当Sさん 、直感に従う

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第3次元_会社_参加者Bさん 、自分を知る

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点での会社のB/SとP/Lを見てみると下図のようになる。(※なお、年度初めの会社の目標設定時に、第1次元~第10次元までの愛の行動を宣言し、年度末には各次元ごとに決算書を作成し、まとめてから公表することになる。こうすることで、どの次元の行動が多いのかが一目でわかるようになる。)

・B/Sについて(エネルギー量)

営業担当Sさんが、行動したことで”純資産”が減った。相手からもらう”資産”は、持っていては評価が下がるので、すぐに使いたいという性質のものだ。よって、”負債”と等しいことになる。つまり、資産と純資産が、ともに負債のように見え、魂から借りたエネルギーによって、愛の行動に変えていくべきもの、という解釈になる。なお、”お金”は自社内でやりくりしてもB/S、P/Lに変化は無いが、”愛貨”は変化するという考え方になる。だからこそ、必死で自社内にも愛の行動が行き交うことになる。会社として宣言した各次元に跨る”1億愛”を、自社内の全員で必死にやり遂げるということが重要な指標となる。

 

・P/Lについて(行動量)

今回は営業担当Sさんが行動した分だけ、”収益”が増える。相手に受け取られたかどうかは、B/Sというエネルギー量を見る指標をみればよく、実際にどれほど行動したのかは、P/Lという行動量を見る指標をみればよいことになる。実際に誰かが実行した愛の行動分だけ、第3次元:会社としての収益になるので、貸方の収益が増えたということになる。一方、費用とは、導入時の純資産を設定した段階で、今期の行動・目標値も設定されることになるため、費用も同時に設定されることになる。

 

 

いかがであろうか。これで、少しは”愛貨”について理解が深まったのではないかと思う。直感に従うという行動とは、思考を使わない、無意識に近い状態からくる言葉や映像や思いに従うことだ。直感的に、ここは危ないなとか、ここは攻めた方が良いなとか、感じることが多々あるだろう。しかし、それに従わず、疑いを持って思考しだすと迷宮入りする。いや、こんなケースも考えられるので一概には決めつけられないな!とか、思考しだすと決断できなくなるのだ。意外と、”第一感”という言葉があるように、一番最初に直感的に感じ取ったものが、一番正解に近かったりするのだ。

 

しかし、思考が入るとその”第一感”を信じられず、いろいろ調べたり、ケースを想定したりしていくうちに、迷いが生じるのである。そして、合理的に判断した結果が、芳しくないということが多々起こりえるのだ。そうではない!結局は、一番良い方法というのは、魂の声に素直に従うことであり、直感に従うことなのであるから、思考はむしろ、その逆を行く行為なのだ!ということをよく理解しておくことだ。