愛記について Lv7:”運気をみる”

今回も愛の行動について、科目を1つずつ見ていきたい。実際に実践していくことがエネルギーのやり取りになるのだから。まず、大前提は、”愛貨”は”お金”と逆の仕訳になるということだ。つまり、使えば使うほど、価値が上がるということだ。”お金”は貯めれば貯めるほど価値があがるのと真逆である。よって、”愛貨”を持っている人は、すぐ使った方が良いので、出来るだけすぐ行動を起こして、愛を与えようとする!これが大前提の仕組みである。”愛記”についてはこちらを参照。

 

なお、当研究会では、独自に”愛貨”の付与基準を設定している。もちろん、各会社ごとに基準は変更してもらって構わない。

愛の行動Lv1の科目→ 100愛

愛の行動Lv2の科目→ 200愛

愛の行動Lv3の科目→ 300愛

愛の行動Lv4の科目→ 400愛

愛の行動Lv5の科目→ 500愛

愛の行動Lv6の科目→ 600愛

愛の行動Lv7の科目→ 700愛

愛の行動Lv8の科目→ 800愛

という具合だ。1ポイント=100愛というようなイメージで、基準を設定している。なお、愛の行動の科目としては下記参照。

愛の行動Lv1の科目はこちら。

愛の行動Lv2の科目はこちら。

愛の行動Lv3の科目はこちら。

愛の行動Lv4の科目はこちら。

愛の行動Lv5の科目はこちら。

愛の行動Lv6の科目はこちら。

愛の行動Lv7の科目はこちら。

愛の行動Lv8の科目はこちら。

 

なお、各次元ごとに愛記を行っていくので、各次元についてはこちらを参照ねがう。

第1次元:人間という生命体

第2次元:部署・チームという生命体

第3次元:会社という生命体

第4次元:業界・団体・地域という生命体

第5次元:産業という生命体

第6次元:日本という生命体

第7次元:世界経済という生命体

第8次元:人類という生命体

第9次元:地球という生命体

第10次元:太陽系という生命体

 

・愛の行動レベル7:”運気をみる”

運気をみるという愛の行動により、何を与えられるのだろうか?まずは算命学により、自分の軸である十干(本質グループ)を知ることから始まる。自分の軸こそが、一生の運気を左右する重要な軸なのだから、まずはしっかりと把握することだ。例えば、土(陰)である大地グループであるとしよう。すると下記のような年運、月運をもつことになる。

 

 

これを他の軸と比較してみると、運気のリズムがよく理解出来るだろうから、比較してみる。それが下記である。

・年運について

このように比較することで、2022年は運気が高い、低いということが見えてくる。運気が高い軸の人は、しっかりと結果を出していくのであり、運気が低い軸の人は、しっかりと基礎を固めていくのである。

このように、高い運気は結果を出すとき、低い運気は基礎を固めるとき、という具合にして見ていくと、5年先、10年先、30年先という目標設定が立てられるということだ。人や組織は、目標を設定しないと動けないのであり、その目標もやりたいように設定するのでは無い。そうではなく、運気を見て、運気の高低に合わせて、結果を出す時期、基礎を固める時期をきちんと見計らって、目標を立てていく必要があるということだ。ここを間違えると、なかなか上手く結果が出ないし、目標も達成できないということになるので、要注意だ。

 

 

 

では、具体例を見ていこう。算命学により、アパレル会社の社長Fさんの十干は水(陰)であることが解った。そして、水(陰)であるがゆえに、下記のよう運気のリズムを刻むことが解った。

・社長Fさん 1954年2月6日生

・個性:”胎”

・本質グループ:水(陰)

・生涯レール:金(陰)

・老年レール:土(陰)

 

運気を見ると、

低い運気:2021年~2025年

高い運気:2026年~2030年

というのが分かる。これを基に、投資の計画を立てたり、評価制度や組織体制を見直したりする時期を選んでいき、目標を立てていけば良い。これが中長期計画の骨子になる。

 

さらに細かく、直近5ヶ年計画など戦略として行動計画を立てて行くには、先の運気に合わせた行動をとる、にて記載したように1年ずつ、行動を設定して行けば良いと言うことだ。

 

・2020年(66才)→学習:60

冷静沈着/視界良好/結論が出る/白黒ハッキリ/勤勉/頭脳明晰/吸収/教訓を生かす/出産のチャンス/好評価

→何かにチャレンジしたい時期。2020年になると、社長就任から3年が経ち、落ち着いてきたころであろう。方向性の考え方も納得ができ、自分のやるべきことが見えてくる頃である。視界が良好になり冷静に、会社の未来が見えてくるだろう。市場は変わらず”若者”という目線でブランディングされているが、

ここを変えていくには、淡いグリーンのカラーを前面に出して、いくと良い時期かもしれない。

 

・2021年(67才)→整理:30

迷い/曖昧/生活環境が変化/身内のトラブル/優柔不断/引っ込み思案/自ら行動する/仲間の援助/自然消滅/悶々

→迷いやすく決断できない時期。2021年は再び迷いの時期になるであろう。理由は、赤字から黒字への脱却ができず、焦るのであろう。開発も、そう簡単にヒット商品がでるわけでもなく、地道な作業となるので時間がかかる。その間の焦りがでるのだ。そうなると、規模を縮小してでも会社を継続していかねばならない。コストカットをしていかねばならないかもしれず、整理にはちょうど良い時期である。後は、どのような名目でコストカットを断行していくかであるが、合理的にやっていくしかないのであろう。

 

・2022年(68才)→浪費:20

余裕が必要/細心の注意/人事異動/転勤・出向/痛い損失/他界(身内など)/ボー ンヘッド/無駄遣い/気力減退/仲間を大切に/ビジネスでの決定事項はハズレやすい

→時間もお金も無駄遣いしやすい時期。よって、2022年は、細心の注意が必要となる。浪費がかさみ、ビジネスでの決定事項がハズれやすく、気力も減退する時期となる。こういう運気が低い時期こそ、やるべきことは、外へ向かっていくことではない!こういう時期こそ、内部の強化をする時期である。よって、システムの入れ替え、人材育成強化、財務強化、各種の書類整備、監査対応などを行うべきであろう。

 

・2023年(69才)→活動:50

忙しく空回り/気苦労多し/部下の面倒/結婚不向/旅立ち/体調万全/柔軟性/ 意欲的/独立/ビジネス始め/人の上に立つ機会が増える

→この時期は新しいこと始めるのがベスト!2023年は、忙しさが増す。しかし売上に直結するわけでもない。”若者”からの脱却により商品開発は広がったのだが、余計なフォローや人脈構築に時間を取られ、手間がかなりかかってくるであろう。それでもまた新らしい商品を考案してきた開発部隊の意向をくんで、実行していくエネルギーはある。この時期に、新たな商品開発を始め、市場に挑んでいくのは、ベストな時期ということだ。

 

・2024年(70才)→焦燥:10

苦労/一大事/調和を意識/万事休す/退職/別離・縁が切れる/脱皮/大胆/自発性が必要/イライラ感/孤独/精神不安定/直感重視

→周りと価値観が合わなくてイライラしてしまいやすい時期。2024年は、社員の離脱、顧客からもそっぽを向かれ、危機に陥るかもしれない。孤独で不安な状況に追い込まれるかもしれない。それでも、会社を存続させていかねばならない。そのためにも、開発部隊を信じて、”若者”からの脱却、ピンクというカラーからの脱却を図っていかねばならない。火(陽)という方向性では、ぶつかりやチームワーク、統率が取れずに一枚岩になりにくい。金(陰)の方が一枚岩になりやすいので、方向性を変えたくなるだろう。しかし、変えても成功はしないので、変えられないのだ。ここは耐えるしかないのだ。

 

・2025年(71才)→調整:40

積極的/ゆったり/趣味を持つ/レジャー/お金が回る/遊びの出費がかさむ/避妊注意/将来への展望/開放感/落とし穴/人気上昇

→注目を浴びる時期!情報発信を始める良い時期。よって2025年は、将来への展望を見据えた計画等の長期計画を策定すると良い時期となる。交友関係で出費がかさみ、本業以外の趣味でも充実していくため、気持ちは楽になっていくのであろう。ただ、それは、本業ではないので、落とし穴に注意が必要だ。しっかりと中長期計画を立てて、情報を発信していくと、自律しつつ開放しつつという良い具合になるだろう。

 

・2026年(72才)→成果:90

商談日/努力結実/チャンス到来/実現/仕上げ・完成/順風満帆/絶頂感/思わぬ収入/財産的援助の可能性

→今までやってきたことの結果が出る時期。2026年は成果が出る時期。まさに、成果を追い求め、想いを実現していく時期であろう。やりたいと思うことを形にしていき、努力を結実させていくことだ。この時期は今まで開発してきた、ピンクに変わる、淡いグリーンという商品が市場に受け入れられる時期となり、一気に新ブランドのような取り扱いで、人気商品となっていくのであろう。ようやく軌道に乗り始めると

いう時期になる。ここで一気に幅広い年代層への広告戦略を展開できれば、一気に淡いグリーンは、会社のコーポレートカラーとして人気が出てくるのであろう。

 

 

このようなアドバイスコンサルタントがしてきたのであった。社長Fさんは、多いに感銘をうけ、コンサルタントの”愛貨”を受け取ったのであった。

 

今回の仕訳の科目としては、愛の行動Lv7:”運気をみる”となる。今回の事例は、コンサルタントは、コンサル会社の代表として、社長Fさんの会社に成長して貰いたいという思いで行動しているのであり、第3次元:会社という立場にて仕訳することになる。

 

・借方(発信先):第3次元_会社_コンサルタントさん 、運気をみる

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第3次元_会社_社長Fさん 、本来のリズムを知る

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点でのコンサル会社のB/SとP/Lを見てみると下図のようになる。(※なお、年度初めの会社の目標設定時に、第1次元~第10次元までの愛の行動を宣言し、年度末には各次元ごとに決算書を作成し、まとめてから公表することになる。こうすることで、どの次元の行動が多いのかが一目でわかるようになる。)

・B/Sについて(エネルギー量)

コンサルタントの行動により、第3次元:会社の”純資産”が少し減った。このように何とか相手に受け取ってもらい”純資産”を減らしていきたいと思う日々だ。さらに相手からもらう”資産”は、持っていては評価が下がるので、すぐに使いたいという性質のものだ。よって、”負債”と等しいことになる。つまり、資産と純資産が、ともに負債のように見え、魂から借りたエネルギーによって、愛の行動に変えていくべきもの、という解釈になる。なお、”お金”は自社内でやりくりしてもB/S、P/Lに変化は無いが、”愛貨”は変化するという考え方になる。だからこそ、必死で自社内にも愛の行動が行き交うことになる。会社として宣言した各次元に跨る”1億愛”を、自社内の全員で必死にやり遂げるということが重要な指標となる。

 

・P/Lについて(行動量)

相手に受け取られたかどうかは、B/Sというエネルギー量を見る指標をみればよく、実際にどれほど行動したのかは、P/Lという行動量を見る指標をみればよいことになる。実際に誰かが実行した愛の行動分だけ、第3次元:会社としての収益になるので、貸方の収益が増えたということになる。一方、費用とは、導入時の純資産を設定した段階で、今期の行動・目標値も設定されることになるため、費用も同時に設定されることになる。

 

 

いかがであろうか。これで、少しは”愛貨”について理解が深まったのではないかと思う。運気をみるという行動とは、中長期計画の骨子になりうるのであり、この長期的な運気の高低をしっかりと把握してこそ、目標設定が立てられるということなのだから。これを理解しているだけでも、とても判断が楽になるし、迷いが減るのであろう。