愛記について Lv7:”発達課題を特定する”

今回も愛の行動について、科目を1つずつ見ていきたい。実際に実践していくことがエネルギーのやり取りになるのだから。まず、大前提は、”愛貨”は”お金”と逆の仕訳になるということだ。つまり、使えば使うほど、価値が上がるということだ。”お金”は貯めれば貯めるほど価値があがるのと真逆である。よって、”愛貨”を持っている人は、すぐ使った方が良いので、出来るだけすぐ行動を起こして、愛を与えようとする!これが大前提の仕組みである。”愛記”についてはこちらを参照。

 

なお、当研究会では、独自に”愛貨”の付与基準を設定している。もちろん、各会社ごとに基準は変更してもらって構わない。

愛の行動Lv1の科目→ 100愛

愛の行動Lv2の科目→ 200愛

愛の行動Lv3の科目→ 300愛

愛の行動Lv4の科目→ 400愛

愛の行動Lv5の科目→ 500愛

愛の行動Lv6の科目→ 600愛

愛の行動Lv7の科目→ 700愛

愛の行動Lv8の科目→ 800愛

という具合だ。1ポイント=100愛というようなイメージで、基準を設定している。なお、愛の行動の科目としては下記参照。

愛の行動Lv1の科目はこちら。

愛の行動Lv2の科目はこちら。

愛の行動Lv3の科目はこちら。

愛の行動Lv4の科目はこちら。

愛の行動Lv5の科目はこちら。

愛の行動Lv6の科目はこちら。

愛の行動Lv7の科目はこちら。

愛の行動Lv8の科目はこちら。

 

なお、各次元ごとに愛記を行っていくので、各次元についてはこちらを参照ねがう。

第1次元:人間という生命体

第2次元:部署・チームという生命体

第3次元:会社という生命体

第4次元:業界・団体・地域という生命体

第5次元:産業という生命体

第6次元:日本という生命体

第7次元:世界経済という生命体

第8次元:人類という生命体

第9次元:地球という生命体

第10次元:太陽系という生命体

 

・愛の行動レベル7:”発達課題を特定する”

発達課題を特定するという愛の行動により、何を与えられるのだろうか?それには、各ラインがどのレベルにあるのかを特定していくことが必要だ。

 

上記はケン・ウィルバー氏のインテグラル理論における主要な発達的ラインについてだが、意識のライン、認知・思考のライン、知識のラインなどの各ラインがあり、それぞれのレベルがどの段階にあるのか、そして、どこのラインが一番低くネック・課題になっているのかを見ていくことで、発達課題を特定することができる。

 

例えば認知のラインであれば、第2段:象徴的な認知ができるか、第3段:概念的な認知ができるか、第4段:規制役割の認知ができるか、第5段:合理的な認知ができるか、第6段:メタ体系的な認知ができるか、第7段:パラダイム的な認知ができるか、第8段:高次のパラダイム的な認知ができるか、という認知の仕方を見ていく。普段の認知で、当たり前にそれぞれの段位の認知ができれば良いのだが、出来るときと出来ないときがあるような場合、その段位の認知に課題を持っている可能性がある。

 

特に女性に多いが、第5段:合理的な認知がどうしてもできず、第6段:メタ体系的な認知がほぼできず、どうしてもカテゴリー別にわけることができなかったり、体系的に理解するのが苦手だったりする。事象が起きたときに、どのような仕組みでそのような事象が起きて、その事象はどんなカテゴリーに属すのか、分析ができないのだ。このように認知のラインを見ていくという方法が1つだ。

 

例えば意識・価値のラインであれば、第2段:親族的な意識が多いのか、第3段:力のある神への意識が多いのか、第4段:真理の力の意識が多いのか、第5段:闘争衝動の意識が多いのか、第6段:人間の絆的意識が多いのか、第7段:柔軟な流れ的意識が多いのか、第8段:世界的意識が多いのか、という意識・価値の置き方を見ていく。普段の意識・価値において、当たり前にそれぞれの段位の意識・価値が置ければ良いのだが、出来るときと出来ないときがあるような場合、その段位の意識・価値に課題を持っている可能性がある。

 

特に男性に多いが、第5段:闘争衝動の意識が多く、どうしても競い合ってしまう。絶対に負けたくないという衝動に駆られて、相手を蹴落としてでも上に立つという意識が勝る。一方、第6段:人間の絆的意識は薄くなり、絆よりも自分の出世を一番の価値に置くという傾向がある。このような場合、第6段:人間の絆的意識が課題となり、どうしても苦手に感じて、クリア出来ずに課題となってしまうのだ。このように意識・価値のラインを見ていくという方法がもう1つだ。

 

ちなみに、ケン・ウィルバー氏は、ラインを下記のように多種設けている。認知、自己、価値、倫理、欲求、運動、感情、美学、などの多種のラインを設けている。これらのラインを1つずつ見ていくと、どのラインで躓いているのかが見えるのだが、ただあまりにもラインの数が多すぎると、複雑になりすぎて良く分からないということに陥りかねない。

 

 

例えば倫理・道徳のラインであれば、第1段:罰/服従なのか、第2段:快楽主義なのか、第3段:他者の承認なのか、第4段:法と秩序なのか、第5段:個人的権利なのか、第6段:個人的良心なのか、という倫理・道徳の在り方を見ていく。普段の倫理観において、当たり前にそれぞれの段位の倫理・道徳観があれば良いのだが、あるようで無いような場合、その段位の倫理・道徳に課題を持っている可能性がある。

 

特にプライドの高い人に多いが、第3段:他者の承認が、どうしても出来ず、うわべだけの承認になってしまう。自分の世界を構築し、自分を崩したくないという思いが強すぎるのだ。このような場合、第3段:他者の承認が課題となり、どうしても自分に固執してしまうのだ。このように倫理・道徳のラインを見ていくという方法もあるということだ。

 

結局は、どれか1つのラインがネックとなり、全体のレベルもその一番低いラインに合わせて下がってしまうということが起きる。つまり、波動レベルと呼ばれる全体のレベルは、一番低いラインに合わせて下がってしまうということだ。例えば、認知のラインで、第4段:規則役割の認知が乏しく、ルーズであったとすると、全体の波動レベルも波動レベル4にまで下がってしまうということだ。そして発達課題第4段:勤勉性という課題が再び浮上してくるということになる。すでにクリアしているハズの発達課題であっても、再び浮上してくるということが起こるということだ。

 

 

例として、Sさんの発達課題を特定してみよう。まずは、生涯リズムの形を診てみることにする。

 

生涯リズムの形から、第7段:世代性というところに課題はありそうなことは分かるが、第1~6段のところに課題は見受けられない。つまりは、魂からのメッセージでは、本来、発達課題は第1段から順番にスムーズにクリアしていくシナリオだったのが、どこかの段位で躓き、クリア出来ずに苦しんでいるのかもしれない。そこで、各次元の各ラインを1つずつ検証してみることにした。

 

すると、倫理・道徳のラインであれば、第1段:罰/服従なのか、第2段:快楽主義なのか、第3段:他者の承認なのか、第4段:法と秩序なのか、第5段:個人的権利なのか、第6段:個人的良心なのか、という倫理・道徳の在り方を見ていくのだったが、その第3段:他者の承認が、どうしても出来ず、うわべだけの承認になってしまっていることに気づく。

 

一見すると、発達課題は既に第1段~6段までクリアしていそうなのだが、どこかのラインがネックになり、いまだに低い波動レベルに停滞している。病気の症状も抱え、アトピー持ちであり、パニック症のような症状も時折だが起きてしまう。このような症状をもつ原因がどこかのラインにあるはずなのだ。認知なのか、感情なのか、倫理なのか、行動なのか、欲求なのか、意識なのか、細かく分けていけば、ケン・ウィルバー氏が述べているようないろんなラインを見ていくことで特定することができる。

 

Sさんの場合、自分の世界を構築し、自分を崩したくないという思いが強すぎるのだ。このような場合、第3段:他者の承認が課題となり、どうしても自分に固執してしまうのだ。このように倫理・道徳のラインがネックになり、他のラインが高いレベルにあろうとも、倫理・道徳のラインが足を引っ張る形になって、波動レベル3にまで全体が下がってしまっているのであろう。

 

そうすると、普段から接してる人でも、皮膚病があるから肉体側に問題があるのではないか?と考えて、西洋医学的なアプローチから、お医者さんへ行ってきたら!という投げかけをSさんにするのだろう。しかし、それでは決して解決しない。なぜなら、原因は倫理・道徳観にあったのだから。ここを変えない限りは、ずっと波動レベル3から抜け出せず、自分が自分がという思いを固執し続けるのだ。そうして、発達課題第3段:自律ができずに、罪悪感に苛まれることが起こるのだ。この罪悪感が行き過ぎると、逃避したり、癒着したりするのだ。

 

自分が自分がと普段は言っているのに、いざとなると逃避したり、癒着したりする姿を見て、周りの人は、この人はいったい何がしたいのだ?と疑問に思うのである。どうしてそんな考え方になるのか、さっぱり理解出来ないと、周りの人からも信用を失い、失脚していく。しかし、Sさんは自分が自分がという倫理・道徳観を変えない。いや変えることができないのだ。なぜなら、自分で気づいていないから!肉体側の問題なのかな?それとも意識側の問題なのかな?といろいろ原因を考えていても、全てが当てはまっていそうで、何が原因か、自分でわからないのだ。だから、変えることができないのだ。

 

この様子を見ていた、先輩Oさんは、アドバイスをしようと思い、タイミングを見計らう。いざ、罪悪感に苛まれ、悩んで相談に来たときに、実は倫理・道徳観において、他者の承認が弱いことを伝える。もっと、尊敬する人を見つけて、その人について行っても良いと思う。決して、その人について行ったからといって、自我が崩壊するわけではないので、やってみたら!とアドバイスした。結局は、Sさんは両親が離婚し、家族を信用できないために、自分の殻に閉じこもってしまっており、自分の殻を抜け出すと、自我が崩壊すると考えてしまっているのだ。認知がそのように歪んでしまっているのだ。この殻を抜け出さない限り、決して変わることができないのだから。

 

仕訳の科目としては、愛の行動Lv7:”発達課題を特定する”となる。今回の事例は、先輩Oさんは、人類の部署の代表として、Sさんに幸せな人生を送って欲しいという思いから行動をとっているため、第8次元:人類という立場にて仕訳することになる。そして、それを受け取ったSさんもまた、人類という目線で、行動を受け取ったのである。

 

・借方(発信先):第8次元_人類_先輩Oさん 、発達課題を特定する

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第8次元_人類_Sさん 、自分を知る

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点での会社が設定した第8次元:人類のB/SとP/Lを見てみると下図のようになる。(※なお、年度初めの会社の目標設定時に、第1次元~第10次元までの愛の行動を宣言し、年度末には各次元ごとに決算書を作成し、まとめてから公表することになる。こうすることで、どの次元の行動が多いのかが一目でわかるようになる。)

・B/Sについて(エネルギー量)

先輩Oさんの行動により、”純資産”が少し減った。このように何とか相手に受け取ってもらい”純資産”を減らしていきたいと思う日々だ。さらに相手からもらう”資産”は、持っていては評価が下がるので、すぐに使いたいという性質のものだ。よって、”負債”と等しいことになる。つまり、資産と純資産が、ともに負債のように見え、魂から借りたエネルギーによって、愛の行動に変えていくべきもの、という解釈になる。なお、”お金”は会社内でやりくりしてもB/S、P/Lに変化は無いが、”愛貨”は変化するという考え方になる。だからこそ、必死で会社内にも愛の行動が行き交うことになる。会社として宣言した各次元に跨る”1億愛”を、会社内の全員で必死にやり遂げるということが重要な指標となる。

 

・P/Lについて(行動量)

相手に受け取られたかどうかは、B/Sというエネルギー量を見る指標をみればよく、実際にどれほど行動したのかは、P/Lという行動量を見る指標をみればよいことになる。実際に誰かが実行した愛の行動分だけ、第2次元:店としての収益になるので、貸方の収益が増えたということになる。一方、費用とは、導入時の純資産を設定した段階で、今期の行動・目標値も設定されることになるため、費用も同時に設定されることになる。

 

 

いかがであろうか。これで、少しは”愛貨”について理解が深まったのではないかと思う。今回のように、発達課題を特定するという行動は、極めて難易度は高い。精神科医のレベルに一歩入り込むほどのレベルかもしれない。なかなかアドバイスするにも、タイミングも難しいし、素人が下手にアドバイスするような内容でもないし、アドバイスすることで逆にトラブルにもなりかねない。そのような高度な内容だということを、是非とも知っておいてもらいたい。