愛記について Lv4:”感情をコントロールする”

今回から愛の行動について、科目を1つずつ見ていきたい。実際に実践していくことがエネルギーのやり取りになるのだから。まず、大前提は、”愛貨”は”お金”と逆の仕訳になるということだ。つまり、使えば使うほど、価値が上がるということだ。”お金”は貯めれば貯めるほど価値があがるのと真逆である。よって、”愛貨”を持っている人は、すぐ使った方が良いので、出来るだけすぐ行動を起こして、愛を与えようとする!これが大前提の仕組みである。”愛記”についてはこちらを参照。

 

なお、当研究会では、独自に”愛貨”の付与基準を設定している。もちろん、各会社ごとに基準は変更してもらって構わない。

愛の行動Lv1の科目→ 100愛

愛の行動Lv2の科目→ 200愛

愛の行動Lv3の科目→ 300愛

愛の行動Lv4の科目→ 400愛

愛の行動Lv5の科目→ 500愛

愛の行動Lv6の科目→ 600愛

愛の行動Lv7の科目→ 700愛

愛の行動Lv8の科目→ 800愛

という具合だ。1ポイント=100愛というようなイメージで、基準を設定している。なお、愛の行動の科目としては下記参照。

愛の行動Lv1の科目はこちら。

愛の行動Lv2の科目はこちら。

愛の行動Lv3の科目はこちら。

愛の行動Lv4の科目はこちら。

愛の行動Lv5の科目はこちら。

愛の行動Lv6の科目はこちら。

愛の行動Lv7の科目はこちら。

愛の行動Lv8の科目はこちら。

 

・愛の行動レベル4:”感情をコントロールする”

感情をコントロールするという愛の行動により、何を与えられるのだろうか?例えば、課長と従業員だったとしよう。課長→従業員 感情をコントロールをするという愛の行動を実践する。”愛貨”のやりとりとしては、本来なら激怒されるような失敗をした時だったりするのだろう。決して従業員を罵倒せず、怒るのではなく1つ1つ順番に何故このような失敗に繋がったのかを一緒に確認していった時なのかもしれない。確認していく中で、なるほどそれがマズかったのか!と従業員は自覚することが出来た時、愛を感じるのである。

 

何せ、感情をコントロールするという愛の行動をすることが、課長自身も許すということにつながる。というのも、過去にも課長自身が失敗してきた際に、罵倒され続けて今に至ったのであり、奥底には「劣等感」や過去のトラウマが隠されているからこそ、従業員の失敗に反応し、激怒したくなるのである。さもなくば、激怒したくならないのだから。決して人を信用したり許したりしたくない!という隠れた抵抗をしているのを、感情をコントロールすることで徐々に破っていくということなのだから。

 

仕訳の科目としては、愛の行動Lv4:”感情をコントロールする”となる。

 

・借方(発信先):第2次元_総務部_従業員Dさん 、人を許す!

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第2次元_営業部_課長・Vさん 、感情をコントロールする

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点での第2次元:営業部のB/SとP/Lを見てみると下図のようになる。

・B/Sについて(エネルギー量)

第2次元:営業部の純資産が少し減って、従業員Dさんが受け取った分の”資産”が増えた状態だ。その”資産”は持っていては評価が下がるので、すぐに使いたいという性質のものだ。よって、”負債”と等しいことになる。つまり、資産と純資産が、ともに負債のように見え、魂から借りたエネルギーによって、愛の行動に変えていくべきもの、という解釈になる。なお、”お金”は自社内でやりくりしてもB/S、P/Lに変化は無いが、”愛貨”は変化するという考え方になる。だからこそ、必死で自社内にも愛の行動が行き交うことになる。会社として宣言した”1億愛”を自社内の全員で必死にやり遂げるということが重要な指標となる。

 

・P/Lについて(行動量)

相手に受け取られたかどうかは、B/Sというエネルギー量を見る指標をみればよく、実際にどれほど行動したのかは、P/Lという行動量を見る指標をみればよいことになる。実際に誰かが実行した愛の行動分だけ、会社としての収益になるので、貸方の収益が増えたということになる。一方、費用とは、導入時の純資産を設定した段階で、今期の行動・目標値も設定されることになるため、費用も同時に設定されることになる。

 

 

ここで、さらに動きがあったとする。他社から、”愛貨”を与えられて、従業員Bさんが受け取ったという動きだ。つまり、資産が増えたということになる。内容として、営業部の従業員Bさんが取引先の担当者に対し、愛を感じたとしよう。従業員Bさんがミスをして請求書の再発行依頼を頼まれていたのにもかかわらず、忙しさのあまり忘れてしまい、三度督促されてようやく請求書の再発行を持参して、お詫び訪問したとしよう。

 

本来ならば、おたくの会社はどうなってんだ!と怒鳴られても仕方ない内容だが、なぜか取引先の担当者は極めて冷静に受け取ってくれた。従業員Bさんが驚いたのは言うまでもない。取引先の担当者は、冷静に受け取ってくれたあと、雑談が始まった。雑談がしばらく続き、徐々に請求書の話になる。どれくらいの人数で事務処理されているのか?手入力なのか、システムから出力なのか?などのヒヤリングが続く。こうして、長い話が終わってみれば、結局は社内体制の一部始終をヒヤリングされており、脆弱な体制であることを見抜かれていた。そう、取引先の担当者は次にどうしたら同じことが起こらないかの対策を立てるべく、怒るのではなくヒヤリングをしていたのだった。ヒヤリングにより、次回はこうしてもらえるとありがたいです!という対策まで指摘してもらったBさんであった。取引先に指導してもらったようなもので、愛を感じたとともに、自分自身が恥ずかしいとも感じたのであった。


仕訳の科目としては、愛の行動Lv4:”感情をコントロールする”となる。

 

・借方(発信先):第3次元_会社_営業部従業員Bさん 、社内体制を強化する

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第3次元_取引先_担当者Uさん 、感情をコントロールする

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点の第3次元:会社のB/SとP/Lを見てみよう。

・B/Sについて

こちらは、資産が増えている様子がわかるであろう。”愛貨”をもらったのでその分増えたのだ。よって他の人へ沢山の”愛”を与えるエネルギーができた!という状態だ。さあ、愛を与えよう!ということになる。相手に受け取ってもらえるような愛の行動をして、実際に相手に受け取ってもらえれば、”愛貨”は減ることになるのだから。

 

・P/Lについて

こちらは、変更なしである。実際に営業部従業員Dさんが愛の行動をしたわけでは無いのでP/L側に変化は無いということになる。なお、P/L側は、毎年、費用である目標値を更新するため、現在のP/Lという見方になる。

 

 

いかがであろうか。これで、少しは”愛貨”について理解が深まったのではないかと思う。この”愛貨”がきちんと仕訳されて、流通していけば、”お金”と同じような貨幣として、普及していける余地があるということだ。

 

従来のマネジメントである支配を完全になくすことは会社経営上は難しいであろう。それゆえ、科目に、”感情をコントロールする”というものがあり、自分を律する必要がある。怒りの感情が生じた際にも、怒鳴りちらすのではなく、冷静に相手に不快という想いを伝えれば良いだけなのだ。これができないから、波動レベル4がクリアできない!という人も多い。よって、怒鳴りちらす相手に対しては、まだ波動レベル4がクリアできていないのだな!と見れば良い。そしてそういう人に対して、自分から話しかけ、冷静に、”感情をコントロールする”ことを伝えていくことであり、これが、サポートや協力体制ということだ。皆が、”感情をコントロールする”というサポートができるような体制ができれば、その組織は波動レベル4をクリアできるということなのだから。

 

もちろん、時と場合により大きな声で怒ることは必要な時もある。それは相手のことを思って、大きな声でキツく怒るだけであって、怒鳴り散らすとは異なる。怒鳴り散らすというのは、感情のコントロールが出来ず、表現方法が乏しいからこそ、怒鳴り散らして自分の感情を吐き出すのだ。表現方法が多彩な人は、もっといろんな方法で感情を吐き出すことができる。つまり、波動レベルが高い人は、いろんなエネルギーコントロールができるというわけだ。すべてはエネルギーと捉えていけば、世の中の人間関係や情報の流れや物流に至るまで、良く理解できるだろう。