愛記について Lv4:”素手でトイレ掃除をする”

今回から愛の行動について、科目を1つずつ見ていきたい。実際に実践していくことがエネルギーのやり取りになるのだから。まず、大前提は、”愛貨”は”お金”と逆の仕訳になるということだ。つまり、使えば使うほど、価値が上がるということだ。”お金”は貯めれば貯めるほど価値があがるのと真逆である。よって、”愛貨”を持っている人は、すぐ使った方が良いので、出来るだけすぐ行動を起こして、愛を与えようとする!これが大前提の仕組みである。”愛記”についてはこちらを参照。

 

なお、当研究会では、独自に”愛貨”の付与基準を設定している。もちろん、各会社ごとに基準は変更してもらって構わない。

愛の行動Lv1の科目→ 100愛

愛の行動Lv2の科目→ 200愛

愛の行動Lv3の科目→ 300愛

愛の行動Lv4の科目→ 400愛

愛の行動Lv5の科目→ 500愛

愛の行動Lv6の科目→ 600愛

愛の行動Lv7の科目→ 700愛

愛の行動Lv8の科目→ 800愛

という具合だ。1ポイント=100愛というようなイメージで、基準を設定している。なお、愛の行動の科目としては下記参照。

愛の行動Lv1の科目はこちら。

愛の行動Lv2の科目はこちら。

愛の行動Lv3の科目はこちら。

愛の行動Lv4の科目はこちら。

愛の行動Lv5の科目はこちら。

愛の行動Lv6の科目はこちら。

愛の行動Lv7の科目はこちら。

愛の行動Lv8の科目はこちら。

 

・愛の行動レベル4:”素手でトイレ掃除をする”

素手でトイレ掃除をするという愛の行動により、何を与えられるのだろうか?例えば、社長と従業員だったとしよう。社長→従業員 素手でトイレ掃除をするという愛の行動を実践する。”愛貨”のやりとりとしては、従業員に対し毎日素手でトイレ掃除をしている時だったりするのだろう。決して従業員に強要させないところが、また愛を感じるのである。何せ、素手でトイレ掃除をするという愛の行動をすることが、奥底には「劣等感」や過去のトラウマが隠されていて、決して人を信用したり許したりしたくない!という隠れた抵抗をしているのを、徐々に破っていくということなのだから。

 

仕訳の科目としては、愛の行動Lv4:”素手でトイレ掃除をする”となる。

 

・借方(発信先):第3次元_営業部_従業員Aさん 、慈悲深くなる

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第3次元_会社_社長・Yさん 、素手でトイレ掃除をする

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点での第3次元:会社のB/SとP/Lを見てみると下図のようになる。

・B/Sについて

会社の純資産が少し減って、従業員が受け取った”資産”が増えた状態だ。”純資産”は減ったが”資産”が増えたので、その”資産”は持っていては評価が下がるので、すぐに使いたいという性質のものだ。よって、”負債”と等しいことになる。つまり、資産と純資産が、ともに負債のように見え、魂から借りたエネルギーによって、愛の行動に変えていくべきもの、という解釈になる。なお、”お金”は自社内でやりくりしてもB/S、P/Lに変化は無いが、”愛貨”は変化するという考え方になる。だからこそ、必死で自社内にも愛の行動が行き交うことになる。会社として宣言した”1億愛”を自社内の全員で必死にやり遂げるということが重要な指標となる。

 

・P/Lについて

相手に受け取られたかどうかは、B/Sというエネルギー量を見る指標をみればよく、実際にどれほど行動したのかは、P/Lという行動量を見る指標をみればよいことになる。実際に誰かが実行した愛の行動分だけ、会社としての収益になるので、貸方の収益が増えたということになる。一方、費用とは、導入時の純資産を設定した段階で、今期の行動・目標値も設定されることになるため、費用も同時に設定されることになる。

 

 

ここで、さらに動きがあったとする。他社から、”愛貨”を与えられて、従業員Bさんが受け取ったという動きだ。つまり、資産が増えたということになる。内容として、従業員Bさんが地域のトイレ掃除団体に参加して、いくつもの公衆トイレの掃除に行ったとしよう。その翌週から、Bさんは見違えるように穏やかになり、ヒステリックな心が消え、慈悲深さが増したとしよう。これもトイレ掃除の効果であろう。従業員Bさんは改めて自分自身が変わったと実感し、地域のトイレ掃除団体に感謝の意として”愛貨”を受け取ったという内容である。

 

仕訳の科目としては、愛の行動Lv4:”素手でトイレ掃除をする”となる。

 

・借方(発信先):第4次元_地域_従業員Bさん 、穏やかになる

→ 詳細内容を備考欄に記入。

 

・貸方(受信側):第4次元_地域のトイレ掃除団体_代表Sさん 、素手でトイレ掃除をする

→ 背景等を備考欄に記入。

 

この時点の第4次元:地域のB/SとP/Lを見てみよう。

・B/Sについて

こちらは、資産が増えている様子がわかるであろう。”愛貨”をもらったのでその分増えたのだ。よって他の人へ沢山の”愛”を与えるエネルギーができた!という状態だ。さあ、愛を与えよう!ということになる。相手に受け取ってもらえるような愛の行動をして、実際に相手に受け取ってもらえれば、”愛貨”は減ることになるのだから。

 

・P/Lについて

こちらは、変更なしである。実際に従業員Bさんが愛の行動をしたわけでは無いのでP/L側に変化は無いということになる。なお、P/L側は、毎年、費用である目標値を更新するため、現在のP/Lという見方になる。

 

 

いかがであろうか。これで、少しは”愛貨”について理解が深まったのではないかと思う。この”愛貨”がきちんと仕訳されて、流通していけば、”お金”と同じような貨幣として、普及していける余地があるということだ。

 

愛の行動というのは、単に行動すれば良いというわけではない。人間の奥底には、いろんな生きてきた環境があるのであり、感情があるのだ。そんな体験や感情を伴って今に至るのだから、簡単に行動できるわけではない!行動するにも、”決心”というようなプロセスがあり、”決心”できないと、”意志”が芽生えないのだ。意志がないから行動ができないのだ。だから、行動しろ!と命令しても、それは単なる動作であればできるのかもしれないが、心と体も伴った行動となると、それは上記のように難しいのだ。命令されてトイレ掃除をする場合は、単なる作業として行うのみなのだ。それでは何の意味も無い!心と体が

伴って、波動レベル4をクリアしようという想いでなければ、意味が無いのだ。だからこそ、愛の行動なるものを理解する必要があり、波動の共鳴現象なのであり、上司も部下も、波動を合わせて共鳴していくことを目指すのである。これが社会というものだ。自分一人でやりたいことをやっているわけではない。皆がお互いに支え合って生きているのだから。