人生の後半戦である中年期について 金(陽)⇒水(陰)

今回も、組織の中盤戦からいよいよ後半戦のレールに乗ることについて見ていきたい。

 

先まで、人生と同じように、組織も100年設計とすれば、目標設定や発達段階への対処が可能となり、100年設計するために組織の存在目的やマネジメントを今一度、すべての組織がやり直しを迫られていることを記載してきた。組織には、人生と同じで発達段階というものがある。エリク・エリクソンの発達段階モデルに沿って見てくととても良く当てはまるのであった。

 

○組織の発達段階

第1~3段:導入期①意志キャラクタに乗る(0~6年目)衝動型組織 ”自立”vs 罪悪感

第4段:導入期②表面キャラクタに乗る(7~12年目)順応型組織 ”勤勉性”vs 劣等感

第5段:導入期③本質キャラクタに乗る(13~19年目)達成型組織 ”自我確立”vs 自我拡散

第6段:成長期 グループに乗る(20~39年目)多元型組織 ”親密性”vs 孤独

第7段:成熟期 レールに乗る(40~64年目)進化型(ティール)組織 ”世代性(伝承)”vs 停滞

第8段:安定期 老年レールに乗る(65~84年目)分散型(ブロックチェーン)組織 ”統合性”vs 絶望

第9段:衰退期 全てを超越する(85年目~)個人の集合体組織 ”老年的超越”vs 死

 

組織の後半戦はというと、成熟期(40~64年目)だ。ここにしっかりと乗っていけるかどうかを見ていきたい。そのためにも、今一度、人生の中年期(40~64才)を見ることで、参考にしたい。特に移行しやすいケースである相生の関係に注目してみたい。というのも、先に人生の後半戦で相剋の関係については見てきた。相剋の関係は高い壁ということで、どうやって乗っていけば良いのか?というのを見てきたが、相生の関係はスムーズに乗れるはずであり、乗れないのなら何かが悪いということだ。その何かがとても分かり安いので、極めて参考になるということだ。

 

例: 斉藤 一人  個性:建禄、グループ:金(陽)、レール:水(陰)の場合

①ホップ:東京都江戸川区小岩生まれ。キリスト教系の幼稚園を経て、江戸川区立西小松川小学校・江戸川区立松江第二中学校卒業後、さまざまな職を経験。1970年頃から漢方茶の販売を開始。その後、漢方をベースにした化粧品や健康食品の開発に着手し、銀座日本漢方研究所(現・銀座まるかん)を創業する。

②ステップ:1980年代のバブルで一気に資産を増やし、1990年代のバブル崩壊後は他が落ちていく中、斉藤一人さんは逆にさらに登っていく。そして1997年に長者番付1位となる。バブル崩壊でも登って行った理由として次のように言う。『私ね、動いてないと駄目なんです。それともうひとつ。お客さんつのは、事務所の中にいないんです。事務所の外にいるんです。で、お客さんをいつも見てたり、直にその人達に触れてないとカンが鈍っちゃうんです。だから、ほとんどの仕事を車の中でするし歩いてするし、地方に行ったときの人の顔の、肌の色見たり、色んなもの見てると、そういう人たちがホントにほしがっているものが分かるんです』と。

③ジャンプ(臨界点):2000年代に入ると、観音信仰と経営体験に基づいた独自の人生観を持ち、それらを論じた人生訓・自己啓発に関する関連書籍などを出版するようになる。お金にまつわる話として、『労働している殆どの人は、労働以外でお金が入ってくることをいけない事だとおもってるんだよね。そうすると労働だけになっちゃうんだよ。わかるかい?俺はお金いっぱいもらえたんだよ、ちっちゃい時から。なぜかって本当に可愛かったんだよ。それおっきいんだよ。働かないでお小遣いばっかし貰ってる人も社会で通用しないんだよ。働いた分だけしか全く収入はないと貧しくなっちゃうんだよ。で、逆にいうと上手く収入が入ってくる人を見ると腹立てるようになっちゃうんだよ。腹立てると天に向かって、世間に向かっても許せない波動を出すんだよ。』

④着地:講演やったりCD出したりするのが一番、出版よりよっぽどお金になるとのことで、積極的に講演、CD出版、さらにはYouTubeでの音声配信を行うようになる。名言として、『社長になれば、自分ができることでも出来ないふりしなきゃいけないんだよ。それね、花持たせるっつーんだよ。これは俺のが上手いんだとかって、それじゃあ相手が型なしになっちゃうんだよ。できることでも出来ないふりして、お前すごいなって言ってるうちに、だんだんだんだんこうやって相手がうまくなってくんだよな。わかるかい?やっぱ心のゆとりつーのがないとダメなの。』

⑤立上がる:高額納税者公示制度(長者番付)12年間連続10位以内の実績あり。実質手取り額で日本一。2001年までに納めた税金は国税だけで138億1910万円。総資産200億円、平均年収は30億円。日本トップクラスの大富豪となる。

 

 

例: 高田 純次  個性:”死”、グループ:金(陽)、レール:水(陰)の場合

①ホップ:4歳の時、母親が32歳で病没した後、東京ガス勤務の父親とその再婚相手のいる家庭で育つ。東京ガスや弁護士などを志し、現役で明治大学青山学院大学・法政大学・中央大学を受けるが全て不合格となる。そして、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科へ進学。

②ステップ:1971年、自由劇場の舞台を見て俳優を志願。同劇団に入団し研究生となる。1年で退団し、イッセー尾形とともに劇団「うでくらべ」を結成するが、半年ほどで解散。その後結婚したが、劇団の収入では生活できないこともあり、26歳の時に宝石販売会社「トキモト」に入社した。1977年に「劇団東京乾電池」に入団。サラリーマン生活を捨て、再び劇団の世界へ入ったものの、当初は売れず。妻子を養うために警察に捕まるようなこと以外の職は、一通りやったと。

③ジャンプ(臨界点):テレビデビューは32歳の時で、『笑点』にてコントを披露した。その後、同劇団の綾田俊樹ベンガルらと共に『笑ってる場合ですよ!』に出演し、番組内コーナー「日刊乾電池ニュース」で土用波三助と称して出演し一躍知名度を上げる。

④着地:1988年に出演した中外製薬グロンサン」のCMが話題になり、CMのキャッチコピー「5時から男」で新語・流行語大賞の「流行語部門・大衆賞」を受賞。1990年代には、『象印クイズヒントでピント』、『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』など多くのクイズ番組に解答者として出演した。

⑤立上がれず:2000年代に入り、還暦を過ぎた今でもその特異なキャラクターでバラエティ、ドラマなど数多くのテレビ番組で活躍し、コアな人気を博している。本業は俳優だがコメディアンとしての側面が強い。各方面から「平成の無責任男」「芸能界一いい加減な男」「元祖テキトー男」などと称される。

 

 

ここで何に気付いたかというと、斉藤一人さんはしっかり水(陰)に乗れているなあ!と感じる。一方、高田純次さんはやっぱり水(陰)には乗れていないなあと感じる。この違いが何か?そう、水(陰)に乗るためには先に金(陽)に乗って、金(陽)からジャンプして水(陰)に乗っていく。その金(陽)にまず乗れているか?ということになる。

斉藤一人さんは銀座まるかんを創業後、バブルの影響もあるが、資産を増やし続ける。その要因としては、徹底した現場主義の思想。『お客さんつのは、事務所の中にいないんです。事務所の外にいるんです。また、お客さんをいつも見てたり、直にその人達に触れてないとカンが鈍っちゃうんです。 』という考えが、漢方薬局の商売と見事にマッチしたため。動いてないとダメという斉藤一人さんは、大の車好き。車で日本全国を移動し、1日10時間も車を運転することも全く苦にならず、仕事も基本は、車の中や歩いている時に指示を出していたと。半端ない移動距離であったところは、金(陽)らしい。しっかり金(陽)に乗っている!

 

ここから一気に水(陰)に移行していくが、その人徳を発揮し、2000年代からは出版、講演などを積極的にこなし、長者番付12年連続トップ10入りという前人未到の記録を打ち立てる。持論は、税金と言うものは出す方!うんちと一緒で、出すものをしっかり出さないと入ってこない。便秘では食べ物を沢山食べれないでしょ!しっかり納税して、しっかり稼ぐスタイルは全国民の憧れとなる!

そこが高田純次さんと大きな違いで、高田純次さんは大学はすべて落ち、劇団員はやったり辞めたりを繰り返し、サラリーマンもすぐやめるなどして幾つもの職種を経験した。自分を“ダメ人間“だと強く思っており、最終的には、”5時から男”、“平成ダメ人間”の異名を取るほど。斉藤一人さんが言う、すべての人は価値がある!価値が無いと刷り込んだのは親だという話と真逆な生き方をしていた。価値があり、自分は素晴らしい、自分は可愛いとおもっているから臨時収入なんかも入っても、ありがとう!って受け取れる。そして他人がそうなっているのをみても、良かったね!と思える。逆にそう思えないから貧しくなるんだ!という斉藤一人理論と逆行していることが一番大きな要因かと思える。

 

ただすごいのは、“平成ダメ人間”という異名で、そのままブレイクしていくところが、さすが金(陽)である。そのままダメっぷりを発揮し、クイズ番組では珍解答を連発し、ダメキャラを確立していくところは金(陽)らしい。そして徐々に水(陰)に移行していくはずだが、この水(陰)に移行できずに苦しむ。なぜ移行できないかと言うと、自分をダメだと思っているから!

 

水(陰)の本質は探究心!これでもかと、調べたおすのが水(陰)であり、徹底的に本や文献、ネットなど、あらゆる情報を調べつくすことに喜びを感じる。その根本にあるのが、自信であり慈悲心である。自分に自信があり、自分が調べたものを人に教える!というのが基本スタンス。この自信が喪失してしまうと、探求心も生まれない。まずは自分に価値がある!と思う事が、自信の源になるので、しっかり価値を感じる事。

逆に金(陽)は、自信というよりも、信念という言葉が似合う。信念を貫き通し、突き進むことに喜びを感じる。この信念というのは、他と比較せず、他をあまり意識せず、自分とつながり、その道を真っ直ぐ突き進んでいくこと。一方、自信とは、相手を見て、自分であればできるのかもと、人を意識するスタンスが強い。だから水(陰)は慈悲深いという相手を意識したキーワードが多いんだなあとつくづく感じる。金(陽)のように、相手がどう思おうが関係ない!自分は“平成のダメ人間”でええんや!それで売っていく!と突っ走る金(陽)を、水(陰)の人間は羨ましく思うかもしれない。

 

金(陽)⇒水(陰)は、信念⇒自信への移行ともいえる。ゆるぎない信念を勝ち取っていないと、水(陰)に移行したとたんに、金(陽)が羨ましく思えて逆戻りしてしまい、水(陰)に乗れないという事態になる。斉藤一人さんは上手に水(陰)に乗れたいい例だとつくづく感じる。

 

いかがであろうか。今回は、人生の後半戦であるレールに乗るということについて見ていきたいのだが、相生の関係は、人生の後半戦であるレールと補完関係であるため、グループ⇒レールというハードルが低いということになる。その分、しっかりとグループに乗っていないと、レールに乗れないということになってしまうので、要注意なのだ。このことをしっかりと理解して、きちんとグループの時期から乗っていくことを目指してほしい。